やっぱり脱毛は病院でしたほうがいいの?

脱毛は病院でも行うことができます

やっぱり脱毛は病院でしたほうがいいの?

病院なら医療レーザー脱毛が受けられます!

最近では様々な脱毛方法があり、どんな方法で脱毛をするのが一番いいのか、迷ってしまうほどになりましたね。女性にとって脱毛は欠かせないものですから、出来るだけ、手間もお金もかけずに行いたいと考えるでしょう。多くの方は毎日せっせと自己処理を行っている方が多いのではないでしょうか。しかし自己処理は費用がほとんどかからない反面、毎回毎回処理を行わなければいけないという手間が掛かる点で負担がかかってしまいます。ですから、きれいに、そして手間をかけずに脱毛するなら、お金をかけてでも病院で脱毛するのが一番なのです。ではなぜエステではなく、病院なのか。それは効果の高さと、施術を行う医師の技術の高さが決め手です。病院で行われる脱毛には医療レーザーが使用される場合が多いです。この医療レーザーは名前に医療とついているだけあって医療機関でしか使うことが出来ません。このレーザー脱毛は毛の黒い色素に反応して毛根細胞に高出力の光を当ててダメージを与えるという方法です。従来行われていたニードル脱毛に比べ、圧倒的に時間も短縮され、痛みも少なくなったことで、脱毛方法の中でもポピュラーになりました。エステでも似たような光脱毛というものが行われますが、これはレーザーよりも出力が低いため効果も低いので、病院でレーザー脱毛を行うことが一番効果的であると言えます。病院ではきちんと医療知識を持った医師が施術を担当してくれるので安心できますし、施術の痛みに耐えられない場合は麻酔を行ってくれる場所もあるので、痛みに弱い方も病院なら安心して脱毛を行うことができます。少しでも脱毛に興味のある方は、まずは病院でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

脱毛

病院で受けるレーザー脱毛には思わぬ効果がある?!

最近ではいろんな脱毛方法が出回っていますね。エステでも病院でも、はたまた自己処理ようのアイテムまで、多種多様になっています。一番効果があるとされているのは病院で行うニードル脱毛やレーザー脱毛ですが、今では時間が短く済み、痛みも少ないとされるレーザー脱毛が主流となっています。この多くの方が行っているレーザー脱毛には、女性に嬉しい脱毛以外の副次効果がたくさんあるんです。まず、レーザー脱毛の仕組みについてですが、レーザー脱毛は高出力のレーザーを照射します。このレーザーは毛の黒い色素に反応し、毛母細胞にダメージを与えます。これを繰り返すことにより、毛母細胞ごと無くしてしまうという方法です。ではこの方法によってどんな副次効果が得られるのでしょうか。まずは美肌効果を得られるという点です。なぜ美肌効果があるかというと、レーザーによって毛穴が引き締まるため、徐々にキメの整った綺麗な肌になるのです。これに加え、毛穴が引き締まることで、顔にも小顔効果があらわれることがあります。さらに、美白効果やシミなどにも効果があるのです。これはレーザーが黒い色素、つまりメラニン色素に反応することで毛母細胞を破壊しますが、これがシミなどのメラニンにも反応することで、シミも消してくれるという効果も得られるのです。さらにはレーザー光線を浴びると肌は刺激を受け、細かな炎症を受けた状態となります。肌はこれを早く治そうとしてコラーゲンを活発に作りだします。その結果、肌にハリが生まれ、若返るという効果が得られるのです。こういった副次的効果がレーザー脱毛では得られるので、大変お勧めです。脱毛自体の効果も大きいのでおすすめです。

脱毛するなら病院のレーザー脱毛がおすすめ

脱毛に関する関心は年々増加してきていますね。
夏など、露出の多い服を着る機会の増える時期の前にはより一層脱毛に関心が集まります。
しかし、脱毛って結構手間がかかりますよね。
自分でやるにしても、病院やエステで脱毛するにしても、時間もお金もかかるのが脱毛の大変なところです。
ではいかに効率よく、効果的に脱毛するにはどんな方法が一番いいのでしょうか。
自己処理は費用はほとんどかからないことはメリットですが、何度も何度も処理を繰り返さないといけないという効率的な面で大変です。
では同じ永久脱毛と言われている病院での施術とエステでの施術なら、どちらがいいのでしょうか。
まずこの二つでは脱毛方法が違います。
病院では医療電気脱毛や医療レーザー脱毛が行われ、エステでは電気脱毛やIPL脱毛が行われます。
中にはこれ以外にオリジナルの名前を付けた脱毛方法と謳っているエステがありますが、ほとんどはIPL脱毛に別名を付けているだけで、根本の方法は変わりません。
そもそも、きちんとした脱毛法であれば、オリジナルでとどまらずに、色んな機関に広まっていくはずです。
このオリジナルという言葉には特に注意しましょう。
医療電気脱毛とはいわゆるニードル脱毛で、脱毛師の資格が必要なため、効果も確実である反面、時間が掛かり、痛いというデメリットもあります。
医療レーザー脱毛は黒い色素に反応するレーザーを使用した脱毛で、針脱毛にくらべ、施術時間も短く、痛みも少ないということから一気に一般的になった方法です。
しかし、毛の色素が薄かったり、日焼けをしている方には効果が表れにくいというデメリットもあります。
エステはこれらと似たような方法ですが、病院よりも技術面でも機器の効力的にも劣りますから病院での施術をおすすめします。

Copyright (C) 2013 やっぱり脱毛は病院でしたほうがいいの? All Rights Reserved.

このページの先頭へ